お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

体に良い脂質、悪い脂質

脂質は、炭水化物、タンパク質などと並んで、生命にとって不可欠な成分であり、

  • 細胞膜を維持する成分として
  • 脳内の神経、伝達機能をコントロールするものとして
  • エネルギーを貯蔵する目的として
  • 体温を維持するものとして
  • 皮膚を保護するものとして
  • 脂溶性ビタミンとして
  • 代謝活性をコントロールするホルモンとして
  • 血圧、体温、筋肉の働きをコントロールするものとして

などなど、体内で様々な重要な働きをしています。

構造上いくつかに分類されますが、私たちが食事から摂取している油脂は、誘導脂質という脂質の1つである脂肪酸です。

油脂には植物性と動物性がありますが、多くの方は単に、「植物性だから健康に良さそう」とか「動物性だから体に悪そう」と漠然と思っているのではないでしょうか。

しかし、油脂の性質は、そこに含まれる脂肪酸によって決定されます。

つまり、体に良い油脂、悪い油脂は、脂肪酸の種類によって決まるということなのです。

それでは脂肪酸の分類を見てみることにしましょう。

まず、大きくは「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つ。

飽和脂肪酸は、エネルギー源として大切な脂肪ですが、体内で固まりやすく、血液の粘度を高めて流れにくくします。

また、中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させる作用があるため、摂り過ぎると生活習慣病を招く危険性があります。

現代人は この飽和脂肪酸を過剰に摂取する傾向にあるため、摂取を控えたほうが良いとされています。

しかし、不足すると血管が脆くなるなどの弊害が起こります。

バランスを考えて摂取することが大切になってきます。

一方、不飽和脂肪酸の中には、多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸があり、更に多価不飽和脂肪酸はω3系列とω6系列に分かれ、一価不飽和脂肪酸にはω9系列の脂肪酸が属しています。

先述したように、なかでも、ω3系列の脂肪酸は積極的に摂りたい脂肪酸で、その代表格はα – リノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)です。

EPAは、血栓をつくらせない血小板凝集抑制作用があり、一般には「血液サラサラ効果」がよく知られていますが、実はIL – 6 など炎症性サイトカインの産生を抑制することが確認されていて、ガン患者さんに投与することで、LBM(lean body mass=除脂肪体重)の増加、体重の増加、QOLの改善が報告されています。

DHAは、人体の目の網膜や脳に多く含まれていて、脳神経のシナプス部分で神経・情報伝達において重要な働きをし、視機能や脳機能の維持、向上に役立つことが認められています。

また、α – リノレン酸は、体内でEPA、DHAに変化し、同様の働きをします。

更に、これらω3系不飽和脂肪酸は、プロスタダランジンE2(PGE2)という生理活性物質の合成を阻害します。

このPGE2は、ガン細胞の増殖や転移、血管新生を促進する作用があり、その合成を阻害することで、増殖・転移抑制や血管新生阻害作用が期待できると考えられます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝