お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「食べる」という意欲がガン患者さんには大切

ガンが進行すると低栄養や栄養不良が生じ、ガン悪液質となることは、先述した通りです。

こうした状態は著しい体重減少を招き、患者さんのQOL(Quality of Life 人間らしく、満足して生活しているかを評価する概念)をも大きく損ないます。

したがって、栄養療法による体重の維持は、ガン治療において極めて重要だということができます。

さて、最も自然な形の栄養補給法は「口から物を食べる・飲む」ことです。

つまり、健康な人なら全く意識することなく、当たり前に行っている「食事」という行為です。

食事とは、突き詰めれば、私たちが生物として生きていくために栄養を摂取することですが、単にそれだけではなく、楽しみの1つでもあり、精神的に満足感を得ることにも繋がります。

この満足感が神経系を介して吸収・消化・代謝にも影響を与え、更に腸の機能を正常化へと向かわせ、免疫能にも影響を与えることが分かっています。

しかし、ガン患者さんの多くは、「食べたい」という気持ちを感じないことがあります。

食欲不振の原因は、抗ガン剤や精神的ストレスなど様々ですが、その食欲を増進させる食種を選ぶことや工夫が必要です。

「食べる」という意欲が大事です。

というのも、ガンのステージがまだそれほど進行していなくても、抗ガン剤の副作用などで、食欲もない、歩けないという方は、徐々に容態が悪化して、余命予測が当初よりだいぶ短くなってしまうことが多いのです。

一方、何とか食べることも歩くこともできる方は、治る確率も高く、当初の余命予測より長く生きられる方が多いのです。

食べる意欲、動く意欲は、生きる意欲に繋がるのだと思います。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝