お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

カルシウム・パラドックスとは?

「カルシウムの摂取が足りないと、骨がもろくなる」というのは常識です。

ところが、「カルシウムの摂取が足りないと、血液中ではカルシウムが増える」というのはご存じでしょうか。

カルシウムは生命活動に欠かせない栄養素であるため、血液中に一定の濃度を保って存在します。

ところが慢性的にカルシウムが不足すると、カルシウム濃度を上昇させる働きを持つ副甲状腺ホルモンが分泌され、骨からカルシウムが溶けて血液中のカルシウム濃度が過度に増加します。

特に、女性ホルモンのエストロゲンの減少時には、溶け出しやすくなります。

つまり、カルシウムが不足しているのに血中のカルシウム濃度は高くなるというアベコベの現象が生じます。

これがいわゆるカルシウム・パラドックスです。

このような状態になると、血液中のカルシウムが血管や脳、軟骨など本来あってはならない場所に入り込み、様々な病気を引き起こすことになります。

特にカルシウムが血管に沈着することで動脈硬化や高血圧、腎臓結石、尿路結石を起こす原因になるほか、糖尿病、痴呆症(カルシウムが脳に入り込むことで脳細胞を傷つける)や白内障などの疾患との関連も指摘されています。

カルシウムが沈着することで固くなった軟骨は次第に擦り減っていき、骨と骨が直接ぶつかって痛みの出る変形性関節症を引き起こします。

免疫細胞にカルシウムが入ると免疫細胞が弱くなります。

スポンサードリンク

カルシウムこそサプリメントで補いたい

カルシウムの特殊性、それは他の栄養素との違い、量を多く必要とする上、吸収も難しい栄養素ということです。

だからこそサプリメントを活用するべき栄養素なのです。

補完栄養素として、納豆に含まれているビタミンK₂ が挙げられます。

カルシウムが骨に沈着するのを助け、骨を丈夫にするビタミンです。

骨はコラーゲンの柱にカルシウム、マグネシウム、ミネラル類が沈着したものと考えて下さい。

そのため、骨や筋肉の結合に欠かせないコラーゲンの生成に必要なビタミンCを共に摂取する必要があります。

ビタミンDは腸でのカルシウムの吸収を促進すると共に骨への沈着を助ける働きもありますので、合わせて摂りたい栄養素です。

また骨の骨芽細胞に働きかけて、骨の中に入るカルシウムの量を調節するのに必要な栄養素がマグネシウムです。

これが不足すると骨や歯から放出されますが、同時にカルシウムも放出されてしまいます。

カルシウムとマグネシウムのバランスは2:1もしくは3:1が理想的と言われています。

骨も他のものと同様、常に作り替えられています。

ひとつの骨で3~4ヶ月、全身の骨は約2~3年で全く新しいものに生まれ変わります。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝