お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

サプリでカルシウムを摂っても体内で簡単に吸収されない理由とは?

サプリメントでカルシウムを摂っても、それが体内で簡単に吸収されないことをご存じでしょうか?

サプリメントに使われているカルシウムの多くは貝殻(かいがら)、卵殻(らんかく)のカルシウムを原料としています。

そしてこれらに含まれるカルシウムは「炭酸カルシウム」という形で存在しています。

ところが、この炭酸カルシウムは胃液が出づらい人、少ない人にとっては吸収があまり良くありません。

日本人は胃液が少ない人が多いのです。

ということは、 飲んでもそのまま排出してしまう分が多く、ムダになりやすいと言えます。

スポンサードリンク

もうひとつの問題はカルシウムの含有量です。

炭酸カルシウムは化学式でいうと「CaCO₃」。

カルシウム(Ca)に炭酸(CO₃)がくっついたものです。

カルシウム1個に対して炭素が1個と酸素が3個の割合です。

カルシウム以外の元素も含まれているので、純粋なカルシウムの分だけ取り出したら全体の4分の1ぐらいの量になってしまいます。

つまりカルシウムを摂ろうと思ったら、その4倍くらいの量を飲まないと目的の量になりません。

カルシウムを500mg摂取しようとすれば、2000mg以上のサプリメントを飲むことになる計算です。

こう考えると、カルシウムもやっぱり食品から摂るのがいいと思います。

カルシウムを摂るには骨までまるごと食べられる魚が良いと言われています。

魚を食べるとき、スダチやレモンなどの柑橘類を搾るという古来の知恵がありますが、これは実に理にかなっているのです。

柑橘類に含まれるクエン酸がカルシウムの吸収を促進してくれるからです。

また、野菜も案外多くのカルシウムを含んでいます。

余談になりますが、胃が弱くて胃液が少ない人は食事の前に柑橘類を食べたり、柑橘類の果汁を飲むのがオススメです。

クエン酸が胃の中を酸性にし、消化酵素の働きを助けてくれるからです。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝