お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

「リン」と「カルシウム」のバランスが重要な理由

体内にあるミネラルのうち、カルシウムの次に多いのが「リン」です。

体内にあるリンのうち80%はカルシウムと結合して「リン酸カルシウム」として、骨や歯の成分となります。

骨や歯を丈夫にするには、リンとカルシウムのバランスが大切で、理想的な摂取バランスは1対1とされています。

ところが、日本人の平均摂取量を見ますと、カルシウムは目標量に達していないのに対し、リンはカルシウムの2倍も摂取しています。

リンは通常の食生活をしていれば不足することはなく、むしろ懸念されるのは過剰摂取のほうです。

長期間にわたりリンを多く摂り過ぎると、血液中のリンがカルシウムと反応し、様々な臓器にリン酸カルシウムの沈着が起き、腎障害(腎不全)や呼吸不全などの原因になりかねません。

さらに、リンを摂り過ぎると、骨からカルシウムが遊離(ゆうり)し、骨がもろくなることも心配されます。

リンについて注意したい点は、意識して摂っているつもりはなくても、加工食品に多用されていることです。

好き嫌いの多い人、食生活が偏りがちな人は、リンを摂り過ぎている可能性もあります。

骨粗しょう症を予防するためにも、小魚や牛乳などでカルシウムを積極的に摂り、リンの過剰な摂取には気をつけたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝