お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

BMI値が25以上になると高血圧、脂質異常症、糖尿病などにかかるリスクが高まる

ダイエットに興味のある人なら、「BMI」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

BMIは、Body Mass Index の略で、「体重 ÷ 身長 ÷ 身長」で算出される体格指数のことです。

算出された数値から、肥満度を割り出すことができます。

日本では、統計的に最も病気になりにくいとされる「BMI 22」を基準に、18.5未満は低体重(やせ)、25 以上は肥満として、肥満度を4段階に分けています。

BMI値肥満度低体重~肥満の階級
18.5未満低体重やせ
18.5以上 25未満普通体重普通体重
25以上 30未満肥満1度
30以上 35未満肥満2度
35以上 40未満肥満3度
40以上肥満4度

たとえば、身長160cm、体重50kgの女性の場合、
体重 50kg ÷ 身長 1.6m ÷ 身長 1.6m = BMI 19.53 となります。

もっとも、この計算式で肥満と判定されても、必ずしも病気になるわけではありませんが、BMI 25 以上になると、肥満と要因の深い高血圧、脂質異常症、糖尿病などにかかるリスクが高まることが分かっています。

肥満度が高い人、痩せすぎの人は、食生活を見直して、標準値の22に近づけることが、生活習慣病を予防することに繋がるのです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝