お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

バイオジェニックスとは

乳酸菌は生きたまま腸に届いて定着しないと意味がないと思われがちですが、実は死滅した菌や乳酸菌が作り出す代謝物である乳酸菌生産物質にも腸内環境を改善したり、あるいは直接腸管免疫を高めたりする効果があることが分かっています。

乳酸菌生産物質には各種アミノ酸やビタミン、ミネラル、酵母、有機酸、核酸といった様々な成分が含まれています。

他にも、植物に含まれるフラボノイドや青魚に含まれるDHAやEPAといった不飽和脂肪酸などにも同様の作用があり、それらの食品成分をバイオジェニックスと言います。

乳酸菌食品だけでなく、多くの栄養成分には腸内環境を整えたり腸管免疫を高めたりする効果があるのです。

プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスはどれも腸内環境を改善するために有効です。

プロバイオティクスは、人の健康に働きかける生きた微生物(細菌や酵母など)の働きを解説したものであり、プレバイオティクスは、腸内に棲みついている善玉菌の増殖を促し、腸内フローラのバランスを整える食品成分のこと(簡単に言うと善玉菌の餌になるもの)で、腸内フローラを善玉菌優勢にさせる手段になり得るものです。

しかしながらバイオジェニックスは、腸内フローラを介すことなく多種な働きを体にもたらす食品成分なのです。

体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたりする可能性が研究・解明されつつあり、バイオジェニックスこそが、生活習慣病や老化の防止に有望だという考え方が広まりつつあります。

つまり、菌が生きているか死んでいるかはあまり重要ではなく、死んだ菌も含めて乳酸菌の作り出す物質:代謝産物と菌体成分が乳酸菌生産物質であり、腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能活性を促し、腸内フローラにも良い影響を与える、というメカニズムを理解し健康に役立てていくことが大切なのです。

この乳酸菌生産物質は、人間の健全な腸内を人工的に作り出した環境下いわば“体の外の工場”で作り出されますが、これこそバイオジェニックスそのものです。

ビタミン、生理活性ペプチド、ポリフェノール、DHAなどの食品成分もこの範疇に入りますが、いずれも単一機能であって乳酸菌生産物質のように健康を司る統合機能は持ち合わせておりません。

それぞれの意味合いを理解した上で、食べやすさや続けやすさを考慮して自分にあった方法を選びましょう。

ちなみに、ビタミンB群やビタミンE、マグネシウムや食物繊維が含まれる米ぬかとオリゴ糖をヨーグルトに加え、朝食後に摂るのも一案です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝