お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

エネルギー不足の時にBCAAを主成分としたスポーツドリンクの効果を実感できる

アミノ酸はサプリメントに良く用いられる栄養素の1つです。

最近ではスポーツ飲料にも盛んに使われるようになりました。

摂取したタンパク質は胃や腸などで最終的にアミノ酸へと分解され吸収されることは中学校の生物の時間に習うことです。

分解されたアミノ酸は人の身体を形作っているタンパク質の最小単位です。

アミノ酸は20種類ありますが、そのうち9種類必須アミノ酸といい、体内で合成することが出来ず、食物から摂取するしかありません。

では、アミノ酸の複合物であるプロテインの形で摂らず、わざわざアミノ酸という形で摂取する目的は何なのでしょうか。

それは、筋肉の増大を目的とするからではなく、アミノ酸単体特有の働き及び、その効果を期待するからです。

つまり、アミノ酸にはタンパク質合成の働き以外に生理活性作用に関わる特有の働きがあるということです。

スポーツサプリメントの中には、筋肉に多く含まれるアミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシン、つまりBCAA(分岐鎖アミノ酸)を主成分とした製品が多く見られます。

それは運動中に起こる糖新生(脳のエネルギーであるブドウ糖が不足した時に筋肉を分解して、そのブドウ糖を補う生体反応)が原因で、筋肉が分解、損傷することを防ぐ働きが期待されるからです。

市販されているBCAA製品には、しっかりと糖分も配合されていますので、BCAAと糖分が入った製品を運動前に摂取する事は、確実に運動中のパフォーマンスを向上させると言えるでしょう。

アミノ酸の効果(いわゆる摂取直後の即効性)については、人によってバラツキがあります。

アミノ酸自体、プロテインに比べて、その分子が小さいため吸収性は非常に優れていますが、わずか3000~5000mgのアミノ酸を一時的に摂ることで、全身20~30kgもある筋肉に対して、その効果が実感できるのはどのような時でしょうか?

答えは、非常に身体を酷使されている時です。

つまり、BCAAのように「エネルギー不足による筋肉損壊」を防ぐアミノ酸は、「エネルギー不足」が起きる時でなければ、効果を体感することは出来ません。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝