お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

カロリー制限によるガンのアポトーシス回避への影響

ガン細胞は、糖とグルタミンを材料とした発酵を促すことで生き延びます。

このときに、C-MYC や HiF-1a などのガン遺伝子と呼ばれるもののスイッチがオンになりますが、これによってガン細胞の自殺機構(アポトーシス)が回避されます。

元々役に立たなくなった細胞を自殺させるアポトーシスそのものがミトコンドリアの働きによるものです。

ですから、ミトコンドリアの細胞内呼吸のダメージの代償として発酵を行なうガン細胞が、自然に自殺をしてくれるという現象がなくなるのは当然です。

カロリー制限は、この発酵の材料となる糖を枯渇(こかつ)させていきますから、ガン細胞は自殺機構から回避が難しくなり、死滅するものが出てきます。

実際にマウスの脳腫瘍の実験では、カロリー制限がアポトーシスを誘導してガン細胞を死滅させていくことが確認されています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝