お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

アンチエイジングと食事

今ある健康を維持するために

人間の生理機能は、成熟期以降衰えていきます。

「アンチエイジング」という言葉をよく耳にしますが、これは「抗老化」の意味で使われています。

現実には老化を止めたり時間を元に戻したりすることはできません。

しかし、老化の速度を緩やかにし、健康な体でいられるようにすることは可能です。

毎日の食事によって、美しく年を重ね、いつまでも若々しい体でいられるように、「今ある健康を維持すること」がこれからのアンチエイジングの基本的な考え方です。

老化の原因は活性酸素

【老化は体内の活性酸素が原因】

老化は、遺伝的要因に加えて、体成分の酸化が原因だといわれています。

なかでも老化のスピードを左右するのは、体内の活性酸素です。

私たちは呼吸によって酸素を取り込んで栄養素を燃焼していますが、この過程で活性酸素が生じます。

活性酸素は体を作っている脂質やタンパク質、核酸などを傷つけ、過酸化脂質を発生させます。

【活性酸素が増える原因】

活性酸素が増える原因は、栄養の偏った食事やストレス、タバコ、大量のアルコールなど生活習慣のみならず、紫外線や排気ガス、農薬なども関係します。

過酸化脂質は血管を傷つけて動脈硬化を起こし、DNAを突然変異させて、癌(がん)などの病気の元になります。

また、シミやしわ、くすみなどの肌の変化となって現れます。

つまり、外見の老化は体内の老化によって起こっているのです。

抗酸化物質が老化を防ぐ

体内の活性酸素を減らすには、抗酸化物質を含む食品が有効です。

特に、β – カロテンやビタミンE、ビタミンCは抗酸化ビタミンと呼ばれ、強い抗酸化力を持っています。

また、野菜や果物の色の成分ともなるカロテノイドやフラボノイドも抗酸化物質の代表的なもの。

濃い色の野菜や果物を積極的に摂りましょう。

自分の老化度を知るには?

アンチエイジングドッグとは、血管や骨、ホルモンなどの状態を調べることによって実年齢と骨や血管などの機能年齢との差を割り出し、老化度や老化の危険因子を調べます。

こうした検査を受けるのも良いですが、身近なところでは毎日体重を測るというのも良い方法です。

今が健康的な体重なら、バランスのとれた食事をちょうどよい量摂っていれば、体重は変わりません。

毎日測ることで、老化につながる不調にも早く気がつき、生活改善することができます。

【老化度を調べる検査内容の一例】

一般検査、血管の動脈硬化、血液老化度、活性酸素・抗酸化力、ホルモンバランス、免疫バランス、など。

長寿時代だからこそアンチエイジングの視点を

医学や栄養の進歩、衛生状態が良くなったことによって、先進諸国の長寿高齢化が進んできました。

日本人の平均寿命は男性が79.0歳、女性は86.2歳となり、世界一の記録を更新しています(国連人口推計2008年版)。

そこで、永くなった寿命をどう生きるのかということが、ますます問われてくるのです。

アンチエイジングとは、単に若く見せるということではなく、より幸福で質の高い生涯を過ごすために如何(いか)にして健康を保つか、そのための予防医学であるといっていいでしょう。

活性酸素が発生する要因

・ストレス
・多量のアルコール摂取
・抗酸化ビタミンの不足
・喫煙

※抗酸化ビタミン・・・脂質、タンパク質、核酸などの生体成分の酸化抑制作用を有するビタミンのことです。ビタミンE、ビタミンC、β – カロテン(体内に吸収後ビタミンAに変わる)などです。

抗酸化作用とは

1.活性酸素を発生させない
2.活性酸素を消去する
3.酸化生成物の毒を無くす
4.損傷した部位に抗酸化因子を送り込んで修復する

活性酸素を減らす抗酸化物質と含まれる食品

【抗酸化ビタミン】

β – カロテン、ビタミンC、ビタミンE

緑黄色野菜、果物に多く含まれています。

【ファイトケミカル】

硫化アリルなどのイオウ化合物、カテキンなどのポリフェノール、リコピンなどのカロテノイドなど

色の濃い野菜や果物に多く含まれています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝