お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

間欠的断食が血液中のインスリン値を低下させ、血液中のケトン体濃度を高める

ガン細胞に効果があるのは、カロリー(炭水化物)制限だけではありません。

1日置きに断食を行なう「間欠的断食」(インターミテント・ファスティング)でもカロリー制限と同様に、血液中のインスリン値を低下させ、血液中のケトン体濃度を高めることが確かめられています。

インスリン値を下げることは、主要なガンの増殖シグナル(IGF-1経路)の上流を抑えることです。

したがって、間欠的断食でガンの増殖シグナルを抑えることができるということです。

また間欠断食は、カロリー(炭水化物)制限と同じくガンの増殖シグナルである IGF-1経路を不活性化する一方で、ガンの増殖を抑えるAMPK経路を活性化することが分かりました。

また放射線治療の効果を高める効果も認められています。

動物実験では、1日置きの断食が、ガン細胞の増加を抑え、ガンの発生率を減少させることが分かっています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝