お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

アミノ酸はタンパク質をつくる材料

私たちの身体を構成している最も重要な要素は、タンパク質から出来ています。

タンパク質が身体に吸収されるまでの流れを大まかに言うと次のようになります。

食べ物からタンパク質を摂ると胃~小腸に行く過程で分解され、「アミノ酸」の形になって吸収されます。

その形で肝臓に運ばれたあと、血液を通って各細胞のところに行き、それぞれが結合して様々なタンパク質に再合成され、新しい組織が作られます。

こうして、寿命がきた古い組織と入れ替わり、生命を維持していくのです。

人間にとって必要なアミノ酸は20種類です。

そのうち9種類は体内では合成できないので、食品などを通して、外から供給する必要があります。

これが「必須アミノ酸」です。

アミノ酸とはアミノ基(-NH2)とカルボキシル基(-COOH)とを持つもので、タンパク質はこのアミノ酸が連鎖的につながった構造をしています。

20種類あるアミノ酸は、その組み合わせの順番を変えて、爪をつくるケラチンというタンパク質、筋肉をつくるミオグロビンというタンパク質、酸素を運ぶヘモグロビンというタンパク質、酵素を作るタンパク質、脳内伝達物質を作るタンパク質など、様々な種類のタンパク質を作っているのです。

例えて言うと、アミノ酸はブロックのようなもので、どんな種類のタンパク質でもブロックであるアミノ酸の組み合わせで出来上がるのです。

同化とは、アミノ酸を数珠(じゅず)つなぎにしてタンパク質を生成していく過程のことであり、逆に、出来上がっているタンパク質をアミノ酸の単位にバラバラに分解する過程が、異化です。

アミノ酸が結合するとタンパク質になり、タンパク質が壊れるとアミノ酸になります。

私たちの身体の中では、この循環が常に繰り返されて、生命が保たれているのです。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝