お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

アミノ酸の種類と働き

タンパク質を構成するアミノ酸

肉や魚、大豆製品、乳製品などでタンパク質を摂ると、体内で消化・吸収され、アミノ酸を供給することができます。

このアミノ酸が体内のタンパク質を作る材料になっています。

アミノ酸の中には、体内で合成できないか、あるいは合成速度が遅いため食物から摂取しなければならないものがあります。

これを必須アミノ酸といいます。

必須アミノ酸は、バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファンの9種類です。

これに対し、体内で合成できるアミノ酸を非必須アミノ酸といいます。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸は、体内で合成できるかどうかの違いであり、体のタンパク質を合成する上で必須アミノ酸だけが重要ということではありません。

いずれも必要です。

タンパク質に含まれていない生理的に重要なアミノ酸

アミノ酸の中には、体内でタンパク質を作る以外に、血中などにバラバラに遊離した形で存在しているものがあります。

この遊離アミノ酸には、生体内代謝で代謝中間体として重要なもの、ホルモンやビタミンの成分として働くものあります。

核酸を作るアミノ酸

細胞の中のDNA(ディオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)を作っているのは、アデニン、グアニンなどのプリン塩基、チミン、シトシン、ウラシルなどのピリミジン塩基です。

これらの合成材料になっているのは、アスパラギン酸、グリシン、グルタミンなどのアミノ酸です。

生理活性ペプチド

ペプチドとは、タンパク質が分解されてアミノ酸の鎖状が切れ、低分子になった状態をいいます。

アミノ酸が2分子結合したジペプチド、3分子結合したトリペプチドがあります。

さらに結合するアミノ酸が多くなったオリゴペプチド(結合しているアミノ酸10個以下)やポリペプチドがあります。

なかでも、生理活性ペプチドは、ホルモン作用のあるペプチドの総称です。

血糖を下げるインスリンや、脳内麻薬物質といわれるエンドルフィンなどもその1つです。

タンパク質を構成する20のアミノ酸

【脂肪族アミノ酸】
グリシン、アラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン

【酸性アミノ酸および そのアミド】
アスパラギン酸、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミン

【ヒドロキシアミノ酸】
セリン、スレオニン、チロシン

【含硫アミノ酸】
メチオニン、システイン

【塩基性アミノ酸】
アルギニン、リジン、ヒスチジン

【芳香族アミノ酸】
フェニルアラニン、チロシン

【複素環アミノ酸】
トリプトファン、プロリン

※構成アミノ酸・・・自然界には遊離型あるいは結合型で多数のアミノ酸が存在しています。これらのうち、タンパク質の合成に使われるアミノ酸を構成アミノ酸と呼び、約20種類あります。

アミノ酸は体内で重要な化合物を作る

アミノ酸体内で生成される化合物
アスパラギン酸尿素、ピリミジンを合成する
アルギニン尿素サイクル、クレアチンを合成する
グリシンプリン、クレアチンを合成する
グルタミン酸ポリアミンを合成する
チロシン、フェニルアラニンチロキシン、アドレナリン(エピネフリン)を合成する
セリンリン脂質の成分となる
トリプトファンナイアシン、セロトニンを合成する
ヒスチジンヒスタミンを合成する
メチオニンコリン、クレアチン、カルニチンを合成する
リジンカルニチンを合成する

生理活性ペプチドの種類

ペプチド構成アミノ酸の数主な生理活性所在
グルタチオン3タンパク質のSH基を保持する。
有害な過酸化物を消去する。
細胞に広く分布
アンギオテンシンⅡ8血圧上昇作用血液
プラジキニン9血圧降下作用血液
オキシトシン9子宮収縮作用下垂体後葉
バゾプレッシン9抗利尿作用下垂体後葉
メラニン細胞刺激ホルモン13メラニン形成促進下垂体前葉
ソマトスタチン14成長ホルモンの分泌抑制視床下部
ガストリン17胃酸分泌促進
セクレチン27膵液分泌促進十二指腸
グルカゴン29血糖上昇作用膵ランゲルハンス島A細胞
エンドルフィン31モルヒネ様鎮痛作用下垂体前葉
カルシトニン32血中カルシウム濃度を下げ、骨へのカルシウムの摂り込みを促進甲状腺
インスリン51血糖低下作用膵ランゲルハンス島B細胞

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝