お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

必須アミノ酸のバランスを示す「アミノ酸スコア」とは?

自然界に存在するアミノ酸のうち、人間に必要なアミノ酸は20種類です。

そのうち、9種類は体内で合成できない「必須アミノ酸」と呼ばれ、食事から摂る必要があります。

どれかひとつでも不足すると、他のアミノ酸も その不足したレベルまでしか働かなくなり、栄養バランスが崩れてしまいます。

ですから、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる食品が、良質のタンパク質食品と言えます。

では、何が良質のタンパク質なのでしょうか。

それを数値化したものが、「アミノ酸スコア」と呼ばれるものです。

アミノ酸スコアは、必須アミノ酸の必要量を100として、どれくらいの量を含んでいるかを表した数値のことです。

そのなかで、最も低いアミノ酸を「制限アミノ酸」と言います。

たとえば、白米(精白米)の場合、制限アミノ酸は「リジン」です。

白米を食べるとき、リジンを多く含むタンパク質、たとえば卵や大豆製品の納豆などと一緒に食べると、アミノ酸の働きの制限を解消できます。

アミノ酸スコアが高い食品は、牛肉、豚肉、アジ、牛乳などの動物性タンパク質です。

これらの食品のアミノ酸スコアが、全て100を超えているのに対して、植物性タンパク質は、数値が低いのが特徴です。

ただし、植物性タンパク質がメインの食事でも、納豆+卵+白米というように、複数の食品を合わせることで、バランスよくタンパク質を摂ることができます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝