お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

アルツハイマー型認知症「9割が改善した」とUCLA研究者が発表

アルツハイマー型認知症の症状を持つ患者に食生活の改善や計画的な運動などを組み合わせた療法を行った結果、10人のうち9人の症状が改善したという研究結果を米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究者が専門誌に発表しました。

米国のアルツハイマー病患者は約500万人に上り、死因としては6番目に多いです。

治療法は存在しませんが、今回の研究は、そうした状況の中でかすかな希望につながる可能性もあります。

研究チームは55~75歳の認知症患者10人を対象に、血中のビタミンD濃度の調整、DHAサプリメントの使用、消化器官の健康調整、インスリン値を正常に戻すための計画的な絶食などを組み合わせた療法を実施しました。

併せて血液検査や脳スキャン、神経心理学検査なども行いました。

数カ月後、10人中9人に認知症状が改善したり正常に戻る効果が認められたといいます。

療法を開始した時点で既に重い症状が出ていた60歳の女性だけは、進行を止めることはできませんでした。

研究をまとめたUCLAのデール・ブレデセン氏は、この結果について、アルツハイマー病を引き起こすさまざまな要因に同時に対応すれば、初期の進行を食い止められる可能性があるという説が裏付けられたと解説しています。

アルツハイマー病には36の要因がかかわっているとブレデセン氏は言い、「例えて言えば屋根に36個の穴が空いているようなもの。人によって、例えば運動面に大きな穴が空いていて、ほかの面の穴は小さかったりする」と話しています。

現在主流の療法は、多くの要因が重なって引き起こされる症状に対して1カ所にしか焦点を当てていないという点で欠陥があるともブレデセン氏は指摘、「製薬会社は1つの穴に対して非常に優れた対処法を開発する。だが効き目がなかったとしても不思議はない」と語りました。

ブレデセン氏の研究に協力した1人、ピーターさん(仮名)は、69歳でこの療法を開始した当時、進行性の記憶障害に悩まされていました。

58歳の時に人の顔を認識できなくなったり、本を読んでいる途中でそれまで読んだ内容が思い出せなくなったりする症状に見舞われたといいます。

翌年の脳スキャンでアルツハイマー病に特徴的な症状があると診断され、昨年ブレデセン氏に紹介された時には仕事をやめることも考えていました。

ピーターさんは療法に従って単純炭水化物や加工食品を食生活から排し、腸内環境を整える生菌やココナッツオイルの摂取、徹底した運動、8時間近い睡眠時間の確保、ハーブ類やサプリメントの摂取などを行いました。

その結果、4~6カ月で数字や人の顔を再び認識できるようになり、数年前よりも体調が良くなりました。

仕事は71歳になった今も続けられています。

ただし今回の調査はごく少数を対象に行われたもので、この結果を単純に一般に当てはめることはできないと専門家は釘を刺します。

ブレデセン氏は今後も研究を続ける予定です。

「症状が出ていなくても、昔から母親に言われてきた通りにするのが望ましい。運動して睡眠を取り、ストレスを抑えてジャンクフードを食べないこと」とブレデセン氏は話しています。

スポンサードリンク

私が愛用しているサプリメントです。


関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝