お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

アルツハイマー病の発症予防因子「CALMタンパク質」の機能を解明

東大大学院薬学系研究科の富田泰輔准教授らの研究グループは、アルツハイマー病の発症を予防する因子「CALMタンパク質」の機能を明らかにしました。

このタンパク質が、老人斑の形成に関係する酵素の活性に関与していることが分かりました。

このタンパク質と酵素の相互作用が、アルツハイマー病の発症リスクに影響している可能性があるといいます。

富田准教授は「実験でCALMの働きを確認できた。今後、予防薬や診断法の開発につながることも期待できる」と話しています。

認知症の多くを占めるアルツハイマー病は、アミロイドβタンパク質が脳に老人斑として蓄積することが契機となって発症すると考えられています。

特に凝集性の高い「アミロイドβ42」と呼ばれるタンパク質が原因物質として注目されていますが、このタンパク質がどのような因子によって制御されるかは、不明な部分が多かったといいます。

東大大学院薬学系研究科の岩坪威教授や富田准教授、大学院生の金津邦彦氏らの研究グループは、最近の大規模ゲノム解析で発症との関連性が指摘されていたCALMタンパク質に着目。

このタンパク質の機能を欠いた培養細胞や遺伝子改変マウスを使って解析を行いました。

スポンサードリンク

CALMの機能が半分に低下している遺伝子改変マウスの脳を生理学的に調べたところ、アミロイドβ42の量が減少していることを確認し、CALMが脳内でアミロイドβ42の生成量を決定していることが分かったといいます。

さらに二本鎖のRNA(リボ核酸)を人工的に培養細胞に導入し、CALMの発現量を低下させて解析したところ、アミロイドβの産生に関与している酵素「γセクレターゼ」の活性を変化させていることも判明しました。

研究グループは、「CALMはアミロイドβ42の産生量を制御することで、アルツハイマー病の発症リスクに影響を与えていることが示唆された」としています。

また、CALMによって細胞表面から取り込まれたγセクレターゼについて、研究グループは「小胞内部が酸性化されていく過程でアミロイドβ42を多く作り出す活性を示す可能性が高い」と説明しました。

CALMの機能が抑制されると、γセクレターゼの輸送が遅くなり、アルツハイマー病の発症リスクの低下につながっていることも示唆されたといいます。

この研究結果は2月28日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ(電子版)に掲載されました。

富田准教授らの研究グループは、「今後、CALMの機能のみを変化させる方法を明らかにすることで、アルツハイマー病の治療薬のみならず、予防薬の開発につながることが期待される」としています。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝