お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

老化や病気の原因になる「糖化」とは?

美容雑誌や健康番組を見ていると、「体が酸化すると○歳老ける!」「糖化によって肌がたるむ!」など、「酸化」「糖化」という言葉をよく耳にします。

どちらも体を老化させる原因ですが、両者の違いをご存じでしょうか?

まず、「酸化」とは、体内で発生した活性酸素によって、人の体が金属と同じように錆びてしまうこと。

一方、「糖化」とは、体内にあるタンパク質と、食事から摂取して余った「糖」が結びつくことでタンパク質が変性を起こし、体内に糖化したタンパク質が生成されること。

糖化したタンパク質は「最終糖化産物(AGE)」と呼ばれ、これが体内に蓄積すると老化が進み、シワやたるみの原因になったり、糖尿病、動脈硬化、白内障などの目の病気、神経障害など、様々な病気を引き起こすことが分かっています。

恐ろしい「糖化」から体を守るには、糖分たっぷりの甘いお菓子やジュースを控えるのはもちろんですが、甘いものを食べるタイミングにも注意することが大切です。

糖質は麻薬に近い作用があると言われ、甘いお菓子や糖質たっぷりの食生活を続けていると、「糖質中毒」になりやすいと言われているのです。

特に空腹時に甘いものを食べると、一時的に血糖値が急上昇して、脳が「シュガーハイ」と呼ばれる状態になります。

すると、さらに甘いものへの欲求が高まり、糖質の摂り過ぎに繋がりやすいのです。

食事までの空腹しのぎにクッキーやスナックをつまむのは、糖質中毒を招くもと。

引いては体を糖化させる原因となります。

甘いものが食べたいときは、食後のデザートとして食べると、血糖値の上昇が緩やかになり、食べ過ぎを防ぐことができます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝