お悩み・症状・習慣別のサプリメント活用術

menu

サプリメントの基礎知識と選び方バイブル

ポテトチップスなどに含まれるアクリルアミドに発がん性物質との評価案

ポテトチップスなどに含まれる、化学物質のアクリルアミドのリスクを評価している内閣府食品安全委員会は10月3日、次世代にも影響が及ぶ「遺伝毒性をもつ発がん物質」との評価案を示しました。

アクリルアミドに対する国内での評価は初めてです。

今後、メーカーでの低減策が求められそうです。

国内では初評価

アクリルアミドについて、海外では2000年代初頭から、さまざまな調査結果に基づき、発がん性が認識され、消費者に注意を呼びかけています。

食品安全委員会の化学物質・汚染物質専門調査会は、海外の動きを受けて、2011年12月から独自にリスクを検討していました。

化学物質・汚染物質専門調査会は、国内外の各種動物実験の結果から、アクリルアミドは遺伝子や染色体の構造に変化をもたらし、次世代にも影響しうる発がん物質、と評価しました。

人に関するアクリルアミドの摂取量とがんの因果関係については、海外の疫学報告からは十分な証拠は得られませんでした。

国立環境研究所が中心となり、日本人のアクリルアミドの摂取量を調べ、どういう人の場合、リスクが高くなるかなどを推定し、最終的な評価書をまとめる方針です。

農林水産省によりますと、アクリルアミドは炭水化物を多く含む原材料を120度以上の高温で揚げたり、焼いたりすると発生します。

これまでの調査では多く含むものにジャガイモの加工品、ケーキ・ビスケット類、トースト、コーンスナック、コーヒーなどがあります。

アクリルアミドは家庭内の調理でも発生するため、欧州食品安全機関(EFSA)は「揚げ物は揚げ過ぎず、トーストは焦がさず軽いキツネ色に焼く」など、発がん物質を減らす方法をホームページで公開、注意を呼びかけています。

スポンサードリンク

アクリルアミドとは

ジャガイモなど、炭水化物の多い原材料に含まれる、アミノ酸の一種のアスパラギンと糖類が、「揚げる」「焼く」「煎る」など120度以上で加熱調理されることにより、化学反応を起こして生じます。

生の食材や、ゆでたり、蒸したりした食品には含まれていません。

国際がん研究機関(IARC)は、発がん性の分類で、上から2番目のランクの「おそらく発がん性あり」に分類しています。

工業用に合成されたものもあり、土壌改良剤などに使われています。

関連記事

このブログに投票くださった方へ感謝